pp加工(印刷の表面加工・マットPP等)を激安料金で

PP加工.com

よくある質問

1 加工日数は何日必要ですか?
お客様の刷本が届いたら直ちに作業をする予定ですが、数量、加工内容等によって変わります。発注ホームにご希望納期を記入してください。基本的にはお客様のご希望納期に応えていきますが、場合によっては数日かかる可能性がありますのでご了承ください。ご希望納期に応えられない場合、お電話、メール等でご連絡致します。
2 手提げ袋の、のりしろを抜くことは可能ですか?
可能です。程度にもよりますが基本的に咥え、針側の抜き(貼らない部分)は可能です。その際、必ず刷本に指示をしてください。(カンプ等は不可です)実際の刷本ではないと咥え、針の位置がわかりません。
3 余白は必ず必要ですか?
必要です。グロスPPワンポイントアドバイスでも記していますが、PPの機械の特性上刷本を重ねて貼っていきます。咥え、咥え尻にこの余白(8mm〜10mm)がないと内トンボ内に刷本がくい込みます。その際重なった状態でカッティングしますのでフイルムの糊跡が残ります。特にベタ部分がトンボ側にある場合ハッキリと目立ちクレームになる可能性があります。また針、針尻にも余白が(8mm〜10mm)必要です。フイルムは回転しながら貼っていきますが多少のブレは発生します。余白がないとトンボにフイルムがかからない状態であったり、刷本からはみ出した状態だったりと、後工程においても支障がでますので面付けの計算には十分注意してください。
4 オンデマンド印刷でも予備は必要ですか?
必要です。オンデマンド印刷の場合色調の補正が無いため予備紙は必要ありませんがPP、その他の加工では機械の調子出しをする為、必ずヤレ紙が発生します。またフイルムの交換時、加工中でもヤレ紙が発生しますので必ず付けてください。
5 スチレンボードA4、2部だけ欲しいのですが可能ですか?
可能です。アウトラインPDFを送っていただければ、オンデマンド印刷も可能ですし、PP貼りも可能です。
6 PP貼りで部分的に加工しない方法はありますか?
不可能です。PP貼りは刷面全体にフイルムを貼ります。このような加工依頼のご相談があった場合LCコートお勧め致します。ワンポイントアドバイスでも記しましたが版代が高価の為、再版性のあるものが採用されています。
7 納期が無い為、印刷、その他加工からも受けてもらえますか?
可能です。基本的にはお客様の刷本を送っていただいて加工するのですが、案件によっては今日、明日の納品というものもありますのでアウトラインPDFを送っていただければ受けさせていただきます。但し、色調が高品質なものは不可ですのでご了承ください。
8 両面プレスコートは可能ですか?
不可能です。PP貼りは可能ですが、プレスコートの場合、片面艶だしをして再度裏面を給紙機にセットして溶剤の層を通ります。その際、溶剤が裏に回り完全に乾かない為、刷本がブロッキングをおこし
ます。また一度艶だしした片面は再度熱ローラを通る為、艶がなくなってしまいます。