本が売れない時代にどうやって本を売るか

00003020_T2出版物は毎日、数百の種類が本屋さんの店頭に並べられています。映画になった作品や○○○賞を取った作品であれば当然、本屋さんも力を入れて売場を目立つ様に作ります。出版社と取次店の力関係の問題もありますが、そうではない本に関しては3冊〜4冊を売場に並べて、ある程度の期間売れなかったら本は返品されてしまうのです。それではせっかく一生懸命作った本があまりにもかわいそうです。本は時代背景に沿ったタイトル、内容が全体を占めますがそればかりとは言えません。案外見た目の美しさに魅かれて購入してしまう場面もあるのです。その人にとって内容が楽しくて、美しいものであれば一生の宝物になるのです。本のカバー、表紙は通常、グロスPPやマットPP加工を施してあるものが大半ですが、一度斬新な「アルミ蒸着加工・エンボス加工・UV印刷・ホログラム加工等で効果を実感してみませんか。帯にも加工が出来ますので目立った存在になります。本が売れれば誰もが幸福になります。そして提案したあなたもきっとヒーローになれるはずです。

Copyright(c) 2015 pp加工.com Rights Reserved.