pp加工(印刷の表面加工・マットPP等)を激安料金で

PP加工.com

lp_header
付け合わせLP_07

今まで受注に悩んでいた同業者様も安心して営業活動に取り組めます。

ネット時代に突入している今、紙媒体の需要はどんどん少なくなってきています。格安通販印刷が台頭している現在、個人ユーザーはもちろんのこと今まで印刷会社に発注していた企業までも通販印刷に発注をしているのが現状です。こんな状況ですから、当然仕事量も激減しているものと思われます。この流れはもう止められません。それでも印刷会社にしか出来ないサービスを知っているお客様はあえて印刷業者に仕事を依頼するのです。そのサービスとはデザイン、制作、印刷品質、製本品質、内職、細かい梱包、発送等、きめの細かいサービスを求めているようなお仕事です。印刷業者の動きを下記にまとめてみました。

得意先に出向き印刷仕様の打ち合わせから始まります。

見積もりを作成、持参して得意先の反応を確認。(この時点で相見積もりを取られている可能性があります。)

arrow

受注が確定したら原稿の整理、制作を依頼。

arrow

カンプが出来たら得意先に確認してもらう。

arrow

直しが入れば再度、製作者に内容を伝え再度依頼。(得意先からダメ出しが入れば何度も制作者と得意先を行ったり来たりします。)

arrow

色校正を提出。(色調が気に入られなかったら再度製版をやり直して再色校を提出します。)

arrow

色調品質が大変高い為、印刷立ち合いに印刷工場に行く。(場合によっては得意先も同行してもらう。)

arrow

印刷終了後、刷出しを得意先に届ける。(得意先に同行してもらわなかった場合。この時点で刷り直しを命じられる場合があります。)

arrow

製本品質も高いため製本工場に立ち合いに行く。(見開きの罫線や表が段差になっているものはNG)

arrow

納品リストを作成(全国発送の場合もある為、相当細かいリスト作成もありえます。)

arrow

見本を得意先にお届けする。

arrow

納品。

以上、印刷営業マンは1点の仕事でこれだけのリスクを負い、交通費も掛け、きめ細かい動きをしておりますので印刷通販のような金額にはならないのです。得意先もこの動きがある為、あえて印刷業者に仕事を依頼するのです。しかしながら得意先は分かっていても数社の印刷業者に相見積もりを取るのです。そのなかで一番安い金額を提出した業者に仕事を依頼するのです。当然どちらの印刷業者も仕事が欲しい為、各工程の金額を落として見積もりを出すのです。印刷業者も何としても仕事を獲得したいが為、何度も金額を落として受注する場面もかなり見られます。ライバルは名前も知らない印刷業者なのです。これだけの能力を使って受注出来なかった場合、相当精神的にもまいってしまいます。

以上のことから結論を言えば結局は価格なのです。それならばあえて同業者様同士で協力して付け合わせ印刷をした方がお客様にも低価格でご提供が出来て、御社にも利益が残せるのです。印刷物の金額のウエイトは用紙代、印刷代が多くを占めています。用紙代はどちらの代理店や卸商から購入してもさほど大差はありません。印刷をする為には、刷版・印刷代が2番目に金額を占めています。ここの部分に弊社が関わるのです。印刷通販の例からも分かるように数人で付け合わせ印刷をすれば一人の負担金額は抑えられるのです。

・サイズ  A4ペラ・数量   2,000枚

・色数   4C/4C

・用紙   コート135Kg(4/6ベース)

・加工   断裁

例えば上記仕様の場合一社で印刷をしますと8万円〜12万円の費用が掛かりますが数社で印刷をすると8社分で割る為、
1/8の価格で抑えられます。
tukewase
格安通販印刷はこのようにして低価格で提供出来る仕組みを作ったのです。お客様は低価格に慣れ、印刷業者に依頼する際は各社に相見積もりを取るのが今は慣習になっているのです。その中で生き残りを掛けるには低価格で提供するしかないのです。
私たちのサービスは印刷会社様同士の足の引っ張り合いと思われますが、御社もご存じの通り都内だけでも8,000社〜9,000社あります。全国規模で見れば数万社あるのです。
ネットが普及して、簡単に見積もりが取れ、どちらの印刷業者も新規飛び込み営業をしていて、いつの間にか新しい業者が入り込んでいるかも知れません。油断をしていると新しい業者に仕事を持っていかれる可能性もあるのです。とにかくお客様が求めているものはまずは価格なのです。普通に各工程の価格を落とした見積もりをお客様に提供してもさほど金額は落ちないのです。(限界利益がある為)中には限界利益を完全に無視した業者もいる為、取りたい仕事も取れないのが現実です。
それならばあえて戦略的に価格を落としてお客様にも低価格で提供して御社にも利益が残るような体制を作ってしまえば、お客様の顔色も気にせず営業活動も楽になるのです。
印刷物は日頃同じような用紙、数量で印刷をしているのですから、数社で集まって印刷をした方が、今後の新規営業活動にもプラスになるのです。
以上のことからこのようなサービスを提供する為には、お客様のご協力が必要になるのです。賛同していただける企業様がいらっしゃったら、まずは弊社にご登録をお願い致します。(別紙ご登録届けがあります。)40社〜50社位の企業様が集まったら、このサービスをスタートしていきたいと思います。ご登録していただいた企業様にはスタート時点でメールにてご連絡させていただきます。そのうえで入稿日、納品日、用紙(斤量)、色数、数量、サイズを記した依頼書(別紙依頼書があります。)をFAX、メール等でお送りください。御社のお仕事とマッチングした同業者様のお仕事の付け合わせの振り分けをこちらでさせていただきます。

弊社ではこんな印刷会社、広告代理店、デザイン会社様のご登録を求めております。

yaji1

  • ベビー、菊半サイズまでの印刷機は所有しているが4/6半・4/6全・菊全機のお仕事は知り合いの同業者に印刷依頼をしている。
  • 小ロットの仕事依頼が比較的よくあり、今までは受注していたが見積もりを提出すると数万円の差でいつも他社に負けて受注出来ない。
  • 大判の機械は所有しているが数万円の値引きが毎回ある為、赤字で機械を回している。
  • 印刷代理店を経営していて小ロットのお仕事を毎月クライアントから数十点程受注しているが、価格がいつもギリギリで利益も余り乗せられない。
  • 新規の営業活動をしているが、当然どちらの企業にも印刷会社が入っていて、なかなか相手にしてもらえない。またせっかく見積もり依頼があっても当たり前の価格しか提出できない為、次回につなげない。

お客様の不安にも答えていきます。

印刷会社に回ってくるお仕事は当然、印刷品質、製本品質が求められています。その為、印刷の立ち合いや刷出の提出も求められてくると思われます。Q&Aの形でお答えしていきたいと思います。

刷出しはもらえますか
お客様が直接印刷工場に出向いてください。刷出しをお渡し致します。(遠隔地の場合は有料で発送も致します)
色調品質が高い為、まかせっきりでは不安です。工場には印刷立ち合い出来ますか。
お客様が直接印刷工場に出向いてください。印刷立ち合いは出来ます。(但し個人情報の問題もある為、工場内には入れません。)
本文の印刷はしてくれますか。
16P折の印刷は出来ません。(付け合わせ印刷が出来ない為)8P、4P、2Pまでの印刷は可能です。
データの転送は生データでも可能ですか。
不可です。完全データ(アウトラインPDF)支給でお願い致します。(文字化けを防ぐ為)
表面加工(PP等)はしてもらえるのですか。
お受けさせていただきます。小ロットの場合台数単価が発生しますので、1/2,
1/4、1/8の料金になりますので大変お得です。
製本はしていただけるのですか。
もちろんお受けしております。内職、梱包、発送等もお受けしております。

付け合わせLP_07